スポンサーリンク

ナンパにカッコ良さはどれだけ必要か?

ナンパをするならば、
当然カッコ良い方が、望ましいに決まっています。

 

 

 

理由は、
ナンパをされる女性の立場になってみれば、
自明のことでしょう。

 

 

 

あなただって、ナンパをするならば、
ルックスやファッションが悪い女性より、
かわいくて、綺麗な女性と知り合いになりたいと思うはずです。

 

 

要は、それと同じことです。

 

 

 

カッコ良くあるのが、ナンパのマナー

 

 

 

ですから、ナンパをするからには、
常に自分のルックスやスタイル、
そしてファッションに気を使い、
カッコ良くあるべきです。

 

 

それがナンパの最低限のマナーといえるでしょう。

 

 

 

では、いったいどれだけカッコ良くなければならないのでしょうか?

 

 

 

もちろん、アイドルグループやイケメンタレントなみに良ければ、
それに越したことはありません。

 

 

 

しかし、実際は、
そこまでカッコ良いことは決して必要ではないのです。

 

 

 

繁華街やストリートに出て、
そこにいる多くの男性より、
頭一つ抜きん出るくらいで十分です。

 

 

そして、このハードルは誰にとっても、
それほど高くないと思います。

 

 

 

もし、それは自分には
ちょっと難しいと考える人がいるならば、
まだまだ努力や工夫をする余地があるのに、
自分から諦めてしまう事を意味し、非常にもったいないことです。

 

 

 

体型にコンプレックスがあるならば、
まず、そのコンプレックスを克服するように、
ダイエットをするなり、運動をするなり、
自分の体型にあった服を選択するなど、
今まで以上に努力と工夫をするべきです。

 

 

 

顔にコンプレックスがあるならば、
髪型を変えるなり、眉の形を整えるなり、
体重をコントロールすることで顔のラインを改善するなど、
様々な方法があると思います。

 

 

 

書籍や雑誌、インターネットなどで、
いろいろ研究すれば改善する方法がたくさん見つかることでしょう。

 

 

 

ぜひ、研究をすることをお勧めします。

 

 

 

平均以上、かつ、より上のルックス・ファッションを目指す

 

 

 

まずは、ナンパしておかしくない、
平均以上のルックスを目指しましょう。

 

 

人はいくらでも変わることができると、信じることです。

 

 

 

たとえば、映画俳優に、
ジョニー・デップという人がいます。

 

 

 

彼はたくさんの映画に出演し、
それぞれの役をその役にふさわしいルックスと
ファッションで演じきっています。

 

 

 

彼の演じてきた役だけを見たならば、
どれが本物なのか、まったく区別がつかないことでしょう。

 

 

 

俳優の足元に及ばないことは百も承知ですが、
ナンパ師を目指すならば、ナンパ師を演じきれるように、
ルックスもファッションも、その役になりきることが大切です。

 

 

 

一度に全部のことをやってのけるは、
大変だと思いますので、楽しみながら、
自分のできる範囲で工夫をして、少しずつ自分を変えていきましょう。

 

 

 

もともと十分にナンパができるルックスの人ですら、
努力をしているのですから、
それ以上の努力を心がけることができればベストです。

スポンサーリンク


トップページ 推薦教材 お問い合わせ