スポンサーリンク

“友達になる”を強調

 

 

“友達”というフレーズを意識させる

 

 

 

 携帯番号を交換する際にも、
“友達”になりたいからという理由を強調することが有効です。

 

 

 

このフレーズを使うことで、
女性は、この人は“友達”なんだから連絡先を教えても大丈夫、
という気持ちになってくれます。

 

 

 

もし、連絡先を交換する動機がわからないままだと、
その連絡先を悪用されるのではないか、
とか、しつこく電話されたらどうしよう、
といった不安を女性が抱いてしまうかもしれません。

 

 

 

ですが、“友達”ということなら、
知り合いの一人として男友達が増えたという認識で安心してもらえます。

 

 

 

なお、連絡先を聞いた時に、
電話やメールをしても
大丈夫な時間や都合の良い曜日をついでに聞いておきましょう。

 

 

 

それ以外の時間には、
電話をしないなどと付け加えておくと、
女性の安心できる要素が増えることになります。

 

 

 

ブーメランについて

 

 

 

ところで、少し話しは変りますが、
ナンパで声をかけてから、
そこそこ楽しく話しが出来ているのに、
やっぱり自分の連絡先を教えるのはダメという女性もいます。

 

 

 

このタイプの女性には、
あれこれとせまって連絡先を聞こうとしても逆効果になります。

 

 

 

ですから、無理に聞こうとするのはやめましょう。

 

 

 

それよりも、連絡先を教えてくれない女性には、
自分の携帯番号やメールアドレスを教えてあげて、
「気が向いた時にいつでも連絡して。」という風にしてあげるのが
ベターです。

 

 

 

こういう対応をすることにより、
この男性は、無理を言わない人なんだというアピールができます。

 

 

 

自分の連絡先を教えただけでは、
後日に繋がらないとも思えそうですが、
意外と半分近くの確率で、返事が返ってきます。(注1)

 

 

 

この場合には、連絡が来ても、
携帯にその女性を登録していないのですから、
最初は誰かわかりません。

 

 

 

ですから、気にいった女性に連絡先を教えた場合には、
そのことをきちんと覚えておきましょう。

 

 

 

せっかく、女性の方があなたに連絡してきてくれたのに、
そのことを良く覚えていないなら、
みすみすチャンスを逃してしまうことになるからです。

 

 

 

(注1.相手の女性に、自分の連絡先を投げかける → 
時に連絡が返ってくることがある → 
このことから、ブーメラン(投げると返ってくる意)と
表現されることがあります。)

スポンサーリンク


トップページ 推薦教材 お問い合わせ