スポンサーリンク

ナンパ声かけの具体例

ここでは、ナンパの第一声から、連れ出しまで、
起承転結の4つのステップに分けて、トークの具体例を紹介します。

 

 

1.ナンパスタート(起)
 
2.自己紹介(承)
 
3.連出しトーク開始(転)
 
4.遊び連出し(結)

 

 

 

ただ、ナンパをされる女性の反応は、
千差万別であるため、
あまり型にはめるのではなく、
臨機応変に対応することが必要です。

 

 

 

 それを踏まえた上で、トークの参考にしてみてください。

 

 

 ※印は、トークのポイントであり、
別ページで解説を付します。

 

 

 

 以下の n はナンパする男性、j は女性です。

 

 

 

ステップ1.ナンパスタート!
 

 

n 「こんにちは〜!ちょっといい?※」

 

j 「えっ・・・。」

 

n 「さっき、そこで見かけたんだけど!」

 

j 「はぁ・・・。」

 

n 「今日は、何してんの?」

 

j 「もう帰るところ。」

 

n 「えー、そーなんだ?まだ早くない?」

 

j 「もう用事も済んだんで。帰ります。」

 

n 「そっか。それならさ、※今度でいいから遊ぼうよ。」

 

j 「え〜。何でですか?」

 

n 「さっき、そこで見かけて。ちょっと気になってさ。※
  なんか友達になれたらいいな〜と思って。」

 

j 「何なに?キャッチ?スカウト?」

 

n 「キャッチでも、スカウトでもないよ。
  ただ、※友達になれたらいいなーって思って。※」

 

j 「ふーん。なんかキャッチぽいんだけど。」

 

n 「いや、まじキャッチとかじゃないし。
  今日じゃなくていいからさ。
  今度、お互いの友達も誘って、※みんなでこの辺で遊ぼうよ!」

 

n 「普段は、どの辺で遊んでんの?」

 

j 「いつもこの辺だよ。あと○○とかかな。」

 

n 「あ、そうなんだ。俺らもよくこの辺で遊ぶこと多いしさ。
  時間が合う時でいいから、今度遊ぼうよ。」

 

n 「飲みでも、カラオケでも。よければ※合コンとかもできるし!」

 

 

 

ステップ2.自己紹介スタート

 

 

n 「ところで、今いくつ?※○○歳くらいかな?」

 

j 「はずれ。○○歳だよ。」

 

n 「そうなんだ。俺は、何歳くらいに見える?」

 

j 「□□歳?」

 

n 「当たり!よくわかったね。※」

 

n 「名前は何ていうの?※俺は□□だよ。※下の名前でいいから教えて。」

 

j 「○○だよ。」

 

n 「友達には何て呼ばれてんの?」

 

j 「えー。そのまま○○だよ。」

 

n 「※あだなとかじゃないんだ?」

 

j 「え、まあ普通かな。」

 

n 「ところでさ、さっきから気になんだけど。これどうしたの?
  ※なんか可愛くない?」

 

j 「あーこれ?いいでしょ。×××で買ったんだ。」

 

n 「こーいうの買いに、ここら辺とか来てるんだ?」

 

j 「うん。そうだよ。」

 

 

 

ステップ3.遊び連出しトーク開始

 

 

n 「ところでさ。○○は、今日何時くらいから、ここ来てんの?」

 

j 「えーっと。△時くらいかな。」

 

n 「そんな時間から来てんだ。ご飯とかもう食べた?」

 

j 「お昼にちょっとだけ食べたけど。」

 

n 「俺さ、友達とご飯食べる予定だったんだけど、そいつ都合悪くなっちゃって。※  昼飯もまだなんだよね。」

 

n 「○○も、△時から来てんなら、※疲れて、喉が乾いてんじゃない?」

 

j 「うん。まぁ。」

 

n 「じゃぁさ、少しだけ、ご飯食べるの付き合ってくれると嬉しいんだけど。」

 

n 「なんだったら※カラオケとかでもいいし。飲み屋でもいいよ?
  それともご飯がいい?」

 

j 「え〜。」

 

n 「この辺だと、AとBとCあたりがお勧め。※○○はどこが良い?」

 

j 「え〜。どうしよ。うーん、その中ならAが良いかな。」

 

n 「30分か1時間でいいしさ、少しだけ行こっか!」

 

j 「あんまり時間ないから、少しだけなら。」

 

n 「1時間でいいよ。1時間経ったら駅まで送ってく。※
  こーやって道端で話してんのも、何だしさ。
  これも何かの縁だよ。じゃ、行こっか!」

 

 

 

 

ステップ4. 遊び連出し中のトーク
 
(お店に向かって歩き出す。)

 

 

 

n 「○○は、和洋中だったら何が一番好き?」

 

j 「うーん。××かな。」

 

n 「そうなんだ。ここら辺、結構、安くていいお店多いよ。
   ちょっと遠いけど××とかお勧め。」

 

j 「へー。そうなんだ。」

 

n 「お酒とか飲める方?」

 

j 「飲めるよ。日本酒とか以外なら平気かな。」

 

n 「飲むとどうなんの?意外と酔う方?」

 

j 「あまり酔わないよ。結構、はしゃいで、よくしゃべる。盛り上がる方かな。」

 

n 「いいね。今日は飲まなくていいけど、
今度、都合ついたら飲み会やろうよ。」

 

n 「あ。着いた。ここだよ。※はいどーぞ。」

 

 

 

 

以上で、ナンパトークの一つの具体例とします。

 

 

 

実際には、
もっと、冗談やアホなことを言って笑わせることもしていきます。
(文章にすると、滑稽なので書きませんが。)

 

 

 

 また、トークうんぬんの前に、
顔シカなども当然あります。

 

 

 

さらに言えば、その時の調子により、
グダることの方が多い場合もあります。

 

 

 

そういう場合には、
番号ゲットに切り替えることも必要でしょう。

スポンサーリンク


トップページ 推薦教材 お問い合わせ