スポンサーリンク

ナンパの声かけ例 前編

 

 

 

ここでは、ポイントとなる箇所に、※印をつけ、解説を付していきます。
 また、トークのステップごとに、ポイントをまとめます。

 

 n はナンパする男性、j は女性です。

 

 

 

ステップ1.ナンパスタート!起承転結の“起”

 

 

 

n 「こんにちは〜!※ ちょっといい?」(明るく、爽やかに)

 

※ 第一声は普通に挨拶でOK

 

j 「えっ・・・。」(歩きながら、ちらっと見る)

 

n 「さっき、そこで見かけたんだけど!」

 

j 「はぁ・・・。」(真っすぐ歩き続ける)

 

n 「今日は、何してんの?」(のぞきこむように笑顔で)

 

j 「もう帰るところ。※」

 

※ 返事が「暇してる。」とか、「ぶらぶらしてるだけ。」という女性も
中にはいます。

 

ナンパ待ち、
あるいは、即系と呼ばれるようなタイプの女性です。

 

 

n 「えー、そーなんだ?まだ早くない?」(笑顔、かつ、残念そうな目で)

 

j 「もう用事も済んだんで。帰ります。」

 

n 「そっか。それならさ、※今度でいいから遊ぼうよ。」(笑顔×2で)

 

※ “今度”と言うことで、広がりをもたせ、今日に限定しない。
限定すると断られやすい。

 

j 「え〜。何でですか?」

 

n 「さっき、そこで見かけて。ちょっと気になってさ。※
  それで友達になれたらいいな〜と思って。」

 

※ 可愛いから、綺麗だからと、いきなり誉め始めないこと。
下心を感じさせます。

 

j 「何なに?キャッチ?スカウト?」(疑心暗鬼の心理状態)

 

n 「キャッチでも、スカウトでもないよ。
  ただ、※友達になれたらいいなーって思って。」

 

※ ”友達”というフレーズを多く使うと女性を安心させやすくなります。

 

j 「ふーん。なんかキャッチぽいんだけど。」

 

n 「いや、本当にキャッチとかじゃないし。
  今日じゃなくていいからさ。
  今度、お互いの友達も誘ってさ、※みんなでこの辺で遊ぼうよ!」

 

※ 1対1ではなく、“みんなで”遊ぶという方向性を示して安心させる。

 

n 「普段、どの辺で遊んでんの?」

 

j 「いつもこの辺だよ。あと○○とかかな。」
(だんだん歩くスピードがゆっくりに)

 

n 「あ、そうなんだ。俺らもよくこの辺で遊ぶこと多いしさ。
  時間が合う時でいいから、今度遊ぼうよ。」

 

n 「飲みでも、カラオケでも。よければ※合コンとかもできるし!」

 

※合コンという出会いならOKという女性も多いので、
合コンをちらつかせるのも効果的。

 

 

 

ステップ1.ナンパスタートのポイント

 

 

 

3つのフレーズ、
“今度” “みんなで” “友達” このキーワードで、
まずは、ナンパのあたりをつけます。

 

 

 

いきなり、“今すぐ” “1対1で” “恋人” のようにと言われても、
女性に不信感を抱かせるだけです。

 

 重くならないように、軽いフレーズを意識すると上手くいきます。

 

 

 

 

ステップ2.自己紹介スタート 起承転結の“承”
 

 

 

n 「ところで、今いくつ?※○○歳くらいかな?」

 

※ その女性が見られたいであろう年齢をもちろん言います。

 

j 「はずれ。○○歳だよ。」

 

n 「そうなんだ。俺は、いくつに見える?」

 

j 「□□歳?」

 

n 「当たり!よくわかったね。※」

 

※ 年齢を誤魔化したい人は、その女性が口にした年齢で通すのもいいでしょう。

 

n 「名前は何ていうの?※俺は□□だよ。※下の名前でいいから教えて。」

 

j 「○○だよ。」

 

 

※ まずは、自分の名前から名のりましょう。そうすることで、
女性の名前を聞きやすくなります。

 

 

※ ナンパでは、下の名前だけを聞きあうのが通常です。

 

名字を自分から教えてくれる女性は、
ナンパ慣れしていない、または、警戒心が薄い場合が多いです。

 

 

 

n 「そうなんだ。友達には何て呼ばれてんの?」

 

j 「えー。そのまま○○だよ。」

 

n 「※あだ名とかじゃないんだ?」

 

j 「え、まあ普通かな。」

 

※ あだ名が良ければ、それで呼ぶと親しみがあり効果的です。
また、つっこみ所にもなります。

 

n 「ところでさ、さっきから気になんだけど。これどうしたの?
  ※なんか可愛くない?」

 

j 「あーこれ?いいでしょ。×××で買ったんだ。」

 

 

 

※ その女性の身につけているアクセサリーやマスコット、
携帯ストラップなどの小物を褒めると効果的です。

 

 

理由は、女性のお気に入りだから。

 

 

逆に、女性自身を褒めるといやらしく感じさせることがあるので要注意です。

 

n 「こーいうの買いに、ここら辺とか来てるんだ?」

 

j 「うん。そうだよ。」

 

 

 

ステップ2.自己紹介トークのポイント

 

 

 

自己紹介をお互いにする場合には、
まずは、自分の情報を開示して、それから女性のことも聞きましょう。

 

 

 

そして、質問責めにしないように注意しましょう。

 

 

 

次から次へ質問するだけだと、まるで尋問のようです。

 

 

 

特に、YES NO の2択だけの質問の連続は、
相手をうんざりさせます。

 

 

女性が自分から話しやすいように、
答えに広がりの出る質問がベターです。

 

 

 

例えば、「お酒は好き?」とだけ質問すると、
「うん」か「いいえ」だけの答えになってしまいがちです。

 

 

 

しかし、「お酒を飲むと、どんな感じになる?」と続けて聞けば、
その女性が好きなように話すことができます。

スポンサーリンク


トップページ 推薦教材 お問い合わせ