スポンサーリンク

ナンパのトークの流れ(全体編)

 

 

全体の流れとして、

 

第一関門 声かけ編 → 
第二関門 連れ出してからのトーク編 → 
最終関門 口説き編  

 

この3つの流れで確認します。

 

 

 

第一関門 声かけ編
 
 
 
ステップ1.ナンパスタート!

 

 

 3つのフレーズ、“今度” “みんなで” “友達” このキーワードで、
まずは、ナンパのあたりをつけます。

 

 

ステップ2.自己紹介トーク
 

 

 

 まず、自分の情報を開示して、
それから女性のことを聞くようにします。

 

 

 ここでは、質問責めにしないように注意しましょう。

 

 

 

 特に、YES NO の2択だけの質問の連続は、
相手をうんざりさせます。

 

 

女性が自分から話しやすいように、
答えに広がりの出る質問がベターです。

 

 

 

ステップ3. 遊び連れ出しトーク

 

 

 

 ここからは、“今から” “二人で”という展開にもっていきます。

 

 

 

ステップ4. 遊び連れ出し中のトーク

 

 

連れ出し最中のトークは、
無難なトークで間をつなぐようにします。

 

 

第二関門 連れ出してからの会話編
   
 
1.まずは簡単に自己紹介

 

 名前・年齢・職業などを再度確認します。

 

 

 

2.遊びの話
 

 

 遊び全般について、
自分の楽しい体験なども交え会話が盛り上がるようにします。

 

 

ここで、どれだけ、楽しい雰囲気を作れるかがポイントになります。

 

3.友達の話  (3〜6までは、軽く流す程度でOK)
 
4.学校の話
 
5.仕事・バイトの話
 
6.家族の話
 

 

 

7.女性自身の話
 
 過去・現在・未来のその女性がどのようであるかについて、
聞いてみましょう。

 

 

女性にとっては、しがらみのないナンパ相手だからこそ、
本音で話せる部分もあり、トークで盛り上がる場面です。

 

 

8.恋愛の話

 

 

女性との会話では、もっとも盛り上がるテーマです。

 

 

恋愛について、楽しく話せるなら、
お互いにいい雰囲気が出来てきている証拠です。

 

 

 

また、女性の恋愛観と自分の恋愛観がシンクロするようにすると、
好印象を与えることができ、結果が出やすくなります。

 

 

 

9.セックスの話

 

 

恋愛話から、
さらに一歩踏み込んで、
セックスの話までもっていけると、
口説きにつなげやすくなります。

 

 

 

軽い下ネタでも十分ですし、
女性が自分からディープな話題を振ってきたなら、
それにのってあげると良いでしょう。

 

 

最終関門 口説き編
 
 
 
1.手つなぎ
 
 口説くと言っても、文字通り、口であれこれ言うのは、
失敗の元です。まずは、手をつなげるかを確認しましょう。

 

 

 手をつなげたなら、
女性もある程度は乗り気であると考えられます。

 

 

 逆に、手をつなげなければ、
その時点では、脈はないと言えます。

 

 

 

2.ラブホテルへ

 

 

 声かけから始めて、手つなぎまでたどり着けば、
後は、タイミングを見計らって、
それとなくラブホテルなり、自宅へ誘ってみるべきです。

 

 

 

 誘ってみる“べき”と言ったのは、
誘わないで後悔するよりも、
誘ってみて、
その結果を受け入れる方が後悔しなくて済むからです。

 

 

 

 魅力的な女性だからこそ、
誘ったというスタンスなら、
いずれの結果にしろ、ベストな選択となるでしょう。

スポンサーリンク


トップページ 推薦教材 お問い合わせ